連休の後って仕事に行くのが嫌になっちゃう

看護師の仕事は、働いている職場によって、年間の休日数は異なると思います。

 

私は、介護施設で働いているんですが、病院に比べると休みが多く、年間の休日数は120日あるんです。

 

さらに、有給休暇も積極的に取る事ができるので、毎月、必ず連休を取る事ができます。

 

ほとんどの場合、連休に思いっきり楽しんでストレスを発散し、仕事を頑張ろう、という気持ちに切り替えるようにしています。

 

でも、多くの人が同じ事を感じていると思いますが、大型連休を取ってプライベートで思い切り楽しむと、仕事に行くのを辞めてしまおうかな、と考えてしまいます。

 

実際には、そんな思いだけで仕事を休む事はないんですが、仕事でイヤな事があったり、人間関係で悩んだりした時は、特に、仕事に行くのが億劫になってしまいますよね。

 

誰でも同じだと思うんですが、イヤな状況から逃げ出したい、という気持ちがあるのだと思います。

 

そんな気持ちでいる時に連休を取って、プライベートで楽しむ事ができると、このままの状態でいたいな、と思う事もありますよね。

 

しかし、それは夢の中の出来事であって、実際には、イヤな事から逃げてばかりはいられません。

 

逃げてばかりいたら、同じ事の繰り返しになってしまいますから、一つ一つクリアしていかなくてはいけません。

 

そうする事で、人間として成長する事ができるのだと思います。

 

連休明けなど、仕事をするのがイヤだなと思っても、実際に仕事をしているうちに、悩んでいた事がとてもくだらない事のように思えて、新たなやりがいを感じる時もあります。

 

看護師の仕事だけではなく、すべての職業に言える事だと思いますが、イヤな事や楽しい事を繰り返しながら、いろいろな事を感じ取って、人間として成長していくのだと思います。