ハローワークで失敗 看護師求人

実習の辛い経験

看護師になる前、実習との気は、何もかもが分からない事だらけです。

 

患者さんの死を始めて経験した時には、とても怖い仕事だと思いました。

 

私が実習で行った大学病院の循環器病棟でした。

 

循環器病棟は、患者さんの急変が多く、さっきまで元気そうだった人が亡くなる、という事もあります。

 

実習の時に、目の前で患者さんが急変して、救命処置の為に、呼吸器やその他の医療機器をつけて、ドクターが心臓マッサージをしているのを初めて見ました。

 

患者さんのご家族が来るまでは、何とか救命を続ける必要があります。

 

ドクターと看護師が、交代しながら心臓マッサージをして、家族の到着を待ちました。

 

患者さんの肋骨が数本折れるほど、蘇生する可能性はないほどに、長時間に渡って心臓マッサージを続けていました。

 

その時、ドクターは、患者さんの為にも心臓マッサージの感覚を覚えるようにと、私達実習の看護師に、亡くなっている患者さんの心臓マッサージをさせてくれました。

 

実習を一緒にした私たちナースの見習いは、患者さんに申し訳ない気持ちと、感謝の気持ちで、心臓マッサージをしました。

 

結局、その患者さんはなくなってしまいました。

 

その日は、1日中泣いていたのを思い出します。

 

現在2年目ですが、まだまだキツイ先輩に鍛えられながらも少しは成長でしたかなあと思っている今日この頃です。