いつもと違う看護師求人バイトサイト



職場の保育所の見学について

ママさんナースにとって、院内保育園のある職場というのは、とても助かります。

一般の保育園と比べると、院内保育園は、メリットが沢山あります。

自分が通勤するのと同時に子供を預ける事が出来る為、送迎の時間を省く事が出来ます。

そして、病院内にある保育園なので、子供の急病やなどの際には、すぐに駆けつける事ができます。

さらに、一番大きなメリットは、院内保育園が設置されている職場というのは、同じ環境のママさんナースが、多く働いている、という事になります。

利用料も安く、残業や夜勤の時にも、安心して子供を預ける事ができます。

一般の保育園と違い、休園日や、連休などがない事も、利用したい、という希望者が多い理由の1つです。

職場見学の際は、院内保育園も見学する事が大切です。

大切な子供を預かってもらうのですから、安心できる保育園かどうか、事前に確認しておく必要があります。

保育士の雰囲気や人柄、食事の内容、清潔感、利用者の人数など、事前に確認するポイントを抑えておくといいかもしれません。

院内保育園が希望に合わない為に、また転職を繰り返してしまう、という事にならないように、安心して看護師の業務に専念する為にも、確認が必要です。

2015年5月11日|

老人ホームの夜勤専従。医療行為の少ない老人ホームの夜勤専従

夜勤専従の仕事は、病院だけではなくて、介護施設でも需要があります。

介護施設というと、24時間看護師が対応しているのは老健だけだと思っている方が多いんですが、
最近では、老人ホームでも24時間体制のところが増えています。

老人ホームというのは、基礎疾患はもっていても、基本的に元気な方が利用しています。

その為、老健などの他の介護施設に比べると、医療行為があまり必要ではないんです。

看護師の仕事というのは、傷などのちょっとした処置や服薬の管理が主です。

老人ホームを利用しているのは高齢者ばかりですから、急変が起こる事もあります。

でも、施設内には医療設備が整っていませんから、応急処置をした上で、病院に救急搬送しています。(^_^)

老人ホームの夜勤は、看護師が1人しかいませんから、急変が起きた時には、迅速かつ的確な判断が必要になります。

でも、介護士も一緒に働いていますから、協力してもらう事ができます。

老人ホームの夜勤専従は、たとえブランクがあっても、基本的な看護師の知識があって、利用者を観察する事ができれば、
問題なく仕事に入る事ができます。

それに、たとえ高齢者ばかりだと言っても、病院のように頻繁に急変が起こる訳ではありませんから、
落ち着いて仕事をする事ができます。(^_--)

ただ、業務内容が楽な分、病院に比べると給料面は劣ってしまいます。

でも、無理して病院のような高度な医療技術を必要とする職場で働くよりも、たとえ給料が低くても、
ブランクのある看護師は、働きやすい職場を選ぶ事が大切です。

老人ホームのような介護施設の夜勤専従であれば、数年間のブランクがあったとしても、
スムーズに仕事をする事ができます。(*^_^*)

2015年5月11日|

病後時保育可能な院内保育園。長引く風邪など回復期に利用できるから助かります(*^_^*)

私の子供は風邪を引きやすくて、しょっちゅう熱を出しているんですよね。

そして、一度熱を出すとなかなか下がらないので、保育園を休む事がすごく多いんです。

風邪やインフルエンザが流行る冬の時期は、特に大変ですよね。

インフルエンザにかかってしまうと、1週間は休みを取らなくてはいけませんよね。

それに、たとえ風邪だとしても、熱が下がったからといってすぐに保育園に行く事はできません。

それに、保育園に行くと、感染症をもらってくる事も多いんです。

だから、仕事をしている時には、保育園から電話が架かってくる度にドキドキするんですよね。(T_T)

そんな時に、頼れる家族が近くに住んでいないと、子供に何かあった時には、
自分が仕事を休んで子供の面倒をみなくてはいけませんよね。

風邪を引きやすい私の子供は、一度熱を出してしまうと、最低でも2、3日は休まなくてはいけません。

そのような状況だったら、常勤で働く事はとても無理ですよね。

このような環境の私でも、子育てをしながら働ける職場がないかなと思って、看護師求人サイトに登録してみたんです。

それで、病後児保育もやっている院内保育園がある病院を紹介してもらったんですよね。

病後児保育を行なっている院内保育園だったら、子供が体調を崩したとしても、仕事を休む必要がないんです。

保育園でみてもらう事ができるので、安心して仕事に専念する事ができるんですよ。

それに、病後児保育が可能な院内保育園が設置されている職場というのは、子育てに対する理解があるんですよね。

スタッフの皆さんに気兼ねする事もないし、小さな子供を育てているママさんナースにとっては、
ピッタリの職場だと思いますよ。

子育てと仕事を両立させる為には、安心できる子供の預け先を確保するのはとても重要です。

2015年4月13日|

ナース人材バンクがあれば他はいらない?

現在私は、ナース人材バンク経由で複数の派遣のお仕事を掛け持ちしています。
検診やクリニック、デイサービスなど、派遣の仕事内容は色々とあったので、これまで病院勤めしかしたことがなかった私にはとても刺激的です。

派遣の仕事をするきっかけになったのは、結婚して主人中心の生活になったからです。
主人の仕事はとてもハードで、転勤も多いことから、今住んでいる八王子にもいるまでいられるか分かりません。
そのため、常勤での勤務ではなく派遣というスタイルを選んだのです。

希望通りの求人が出ると、すぐにナース人材バンクから連絡がくるので、面白い!と思った仕事はできるだけ受けるようにしています。
これまでやっていて面白いと思ったのは、ツアーナースと夜勤のバイトでした。
ナース人材バンクに登録していれば、他の求人サイトをチェックする必要がないくらい求人数が豊富なので、今はここ1本に絞って好条件の中、働かせてもらっています。

主人は長期出張も多いので、そのスケジュールに併せて単発バイトを掛け持ちすることもあります。

結婚前は仕事が中心でその合間に自分のことを・・・というのが当たり前でしたが、結婚後は、家庭の都合に合わせて働くスタイルを見つけることができたので、本当に助かっています。

2015年4月 7日|

企業の慰安旅行のツアーナースはどんな感じ?

単発バイトの仕事として、ツアーナースという仕事があります。
この仕事は、学校の修学旅行や、企業の慰安旅行に同行して、皆さんの健康を管理する仕事です。
ここ数年、慰安旅行を行う企業というのはかなり減ってきています。
以前は何泊かの旅行が多かったのですが、最近では、1泊の旅行が主流となっています。

修学旅行は、新幹線や飛行機で出かけるケースが多いのですが、企業の慰安旅行はバスで出かけるケースがほとんどです。
同行する看護師も、社員と一緒にバスに乗って目的地まで向かいます。
基本的に皆さんと一緒に行動しますから、夜の宴会にも参加します。

皆さん健康な方ですから、深刻な状況になる事はありません。
看護師の処置が必要となるのは、飲み過ぎや食べ過ぎによる体調不良の方がほとんどなので、簡単な処置で済みますよね。

皆さんと同じバスに乗り込んで行動を共にするという事で、居心地が悪いのではないか、と思われる方もいるかもしれません。
しかし、慰安旅行というリラックスした環境のせいか、皆さんとてもフレンドリーで、
すぐにその場の状況に溶け込む事ができます。

泊まりの仕事となる為、拘束時間は長いかもしれませんが、皆さんが寝てしまえば自由な時間を持つ事ができますし、
ホテルも一人の部屋を確保できますから、快適に過ごす事ができます。
企業の慰安旅行に同行するようなツアーナースの仕事は、常に働く場所が変わり、行動を共にする方も異なりますから、
新鮮な気持ちで働く事が出来るという点も嬉しいですよね。
職場に縛られる事が苦手な方や、行動的な方にとっては、とても向いている仕事です。
単発バイトや派遣をしている方には、効率良く稼げる仕事としてお勧めしたいバイトですね。

2015年4月 1日|

退院したくても出来ない入院難民の高齢者(>_<)家族の受け入れも出来ず、慢性期病院や療養病棟も空きがないのが現状です・・・((+_+))

高齢者の患者さんって、入院することによって、入院前の健康な状態に回復することが難しいですよね。

若い人たちのように簡単に治癒出来ず、慢性化して完全に医療が不要な状態に戻ることが出来ないことも、多くあるんです( ;´Д`)

一度体調を大きく崩すと、良くなったように見えても、またすぐに発熱したり小康状態が続くこともありますよね。

ある程度体調が安定しても、食事がとれなくなり胃瘻などの経管栄養になってしまったり、自排尿が出来ず、留置カテーテルを必要としたり、呼吸器管理が必要になったり...。
寝たきりによって、褥瘡が出来てしまい処置が必要となったり...。

そういった事で、少しでも医療を必要とする患者さんは、なかなか在宅に戻ることも出来ず、退院出来ないでいますね( ;´Д`)

やはり、一般の家族さんがそういった対応を在宅で行うのは大変です。
日中仕事をしていて、家が留守になるとか、独居のため一人で暮らすことが不可能だったり...。

そういった理由で、退院出来るのに退院出来ないでいる入院難民の患者さんが多くいるんですヽ(´o`;

慢性期病院や、療養型病棟であれば、そのような体調はある程度安定しているけれども、いくらか医療を必要とする患者さんの受け入れが可能です(*^^*)

急性期病院では、一ヶ月ほどの入院期間が平均的ですが、慢性期病院や、療養型病棟では一年間、またはそれ以上の入院が可能になるんです^ ^

しかし、そういった患者さんがあまりにも多く、病室の空きがないのも現状なんです( ;´Д`)

急性期病院では、そういった患者さんをいつまでも入院させていられるほど余裕もありませんから、家族さんは退院を打診されます。

施設入所を申し込んでも、待機が沢山いるためすぐには入所できません(;´Д`A

もっと、慢性期病院や療養型病棟のある病院が増えるといいのですがね...( ;´Д`)

2015年4月 1日|

看護師で残業になってしまったら

看護師の仕事は残業がつき物だと言われていますが、職場によってはムダに残業をしている、といった雰囲気がありませんか?
私の働いている職場が、そんな感じだったんです。

もちろん仕事が忙しいというのもあったんですけど、何だかダラダラしていて、時間になってもまだみんな残っている、
といった状況だったんですよね。
私は、当時、保育園に通う子供がいたので、子供のお迎えの為に、仕事が終わったらサッサと帰ってました。
でも、ダラダラしているにしても、みんなが残っているのに自分だけ先に帰るっていうのは、何だかイヤですよね。

そんな環境だったのも、だんだんとママさんナースが増えて来て、みんな出来るだけ時間通りに帰れるように、
さっさと仕事を終わらせるようになったんです。
そうする事で、今までにどんなにムダな残業をしていたのか、という事が良く分かりましたよね。

でも、急変はいつ起こるか分かりませんから、その時には残業して対応しています。
私は、子供が小学生の高学年になったので、急な残業の時には、出来るだけ残業してますね。
まだ子供が小さくてお迎えが必要なママさんナースは、優先的に帰らせてあげてるんですよ。

以前、まだ子供のお迎えが必要だった時には、どうしてもお迎えに間に合わない時には、
ファミリーサポートシステムを利用していたんですよね。
看護師の仲間に、そのサービスの事を聞いて、私も利用したんです。
それに、私が帰るまでは、近くに住む義母に子供の世話をお願いしてましたね。
やっぱり家族の協力というのは有難いですよね。
子育てに理解のある職場を探す事も大切ですけど、いざという時の為に、頼る事ができる家族が近くにいると、
とても助かるものですよ。

2015年3月27日|